ストレスを減らすためにセロトニン

ストレス119番!病気の原因やその解消法

ストレスを減らすためにはセロトニンの分泌を増やす

読了までの目安時間:約 4分

 

適度なストレスは日常的には生活のメリ・ハリをつけてくれるものとされています。

 

しかし、ストレスでも過剰になってくると脳内物質のセロトニンに影響してきます。

 

脳ストレスに関与している脳物資としては、ノルアドレナリンの場合、過剰に分泌された場合キレやすくなり、

うつ病を発生することもあります。

 

 

ドーパミンでは過剰に分泌されることで、欲望を抑えられなくなって買い物依存症や過食症になる場合もあります。

ノルアドレナリンやドーパミンをバランスよく整えているのが、セロトニンの働きです。

yjimageZ1WRDPVH
セロトニンを増やすためには、生活習慣を見直すことが大切です。

 

もし、セロトニンが不足してしまうと身体や精神に支障をきたす場合があります。

 

 

セロトニンは精神の安定にとても重要な役割をしているからです

 

セロトニンが不足してくると

 

 

・ストレスを感じる
・無気力な状態になる
・イライラ感がある
・キレやすい
緊張が激しい
・音や光に敏感
うつ傾向
・欲求不満
不眠
・朝体が動きにくい
冷え性
・痛みをかんじやすい

 

 

仕事や生活で過度にストレスを受けるとセロトニン神経が弱まってきます。

 

セロトニン不足を解消するには、朝早く起きて朝日を浴びることが大切です。

 

 

昼と夜の逆転の生活をしている方では、セロトニン不足に陥りやすいということです。
食事をする場合のリズミカルな咀嚼運動もセロトニン分泌を促進してくれます

 

 

よく噛んで食事をすることはセロトニン分泌に必要なことです。
セロトニンが不足するのは、男性よりも女性の方に多いといわれています。

 

セロトニンが不足することで、精神的疾患や身体症状を招く場合があります。

 

 

うつ病や自律神経失調症、睡眠障害やパニック障害、強迫性障害などを引き起こす可能性があります。

 

 
セロトニンは誤った増やし方をじても、すぐに分泌されるものではありません。

サプリメントなどでも短期間で効果が期待できるというものでもありません。

 

 

サプリメントに頼るばかり、個人輸入代行など日本では認められていない医薬品などを購入する場合には注意が必要です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed