顎のニキビストレス

ストレス119番!病気の原因やその解消法

顎のニキビはストレスが原因?

読了までの目安時間:約 5分

 

顎にできるニキビはストレスが原因であるともいわれています。

 

顎ニキビは大人ニキビの典型的な症状があって、ホルモンバランスや仕事、日常生活のストレスからくることが多いです。

 
年代的には、思春期を過ぎた20~30代の社会人にできやすいニキビです。

 

顎周辺は比較的皮脂の分泌量が多く、ニキビのできやすい部位になっています。

 

yjimageAAV1GKLS
男性ホルモンが活発に動くことから皮脂分泌量がほかに比べて毛穴も詰まりやすくなっています。

 

 
もし、女性の顎にニキビができるとしたら、それはホルモンバランスの乱れが大きく影響していることになります

 

女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が活発化してしまうことで、顎周辺の皮脂量が増えるために毛穴がつまりやすくなって、顎ニキビとして現れてきます。

 

 
顎にできるニキビは鼻や額、頬にできるニキビと違い、普通のにきびよりも治りにくいケースが多いです。

 

一般的なニチビ治療では治らないことが多いです。

 

 

治りにくいニキビは酒さ性挫創(さかさせいざそう)といわれ、思春期後の女性に発症するニキビは酒さ性挫創(さかさせいざそう)であることが多いです。酒さ性挫創(さかさせいざそう)は、主に30代以降の中高年に見られる疾患のひとつです。

 

 

紫外線やアルコール、香辛料や毛包虫などが関係しているようです。

 

発症原因はわからないところが多いですが、その症状で軽症・中等・重症など段階があります。

 

 
顎周辺のニキビでは、男性ホルモンが深く関わっているといわれています

 

額から鼻先にかけたTゾーンと同じく、皮脂の分泌量がとても多いです。特徴としては治りにくい傾向があります。

 

 
大人になってからできた顎ニキビとしては、日常生活でもストレスからできたものが多いです。

 

女性の場合には生理によるホルモンバランスの乱れがあって、スキンケアとともにできるだけストレスをため込まないことが大切です。

 
精神面に気をつけたり、規則正しい生活を送るようにすることや、体質改善に努めることなどが重要です。

 
顎ニキビの予防や治療法としては、毛穴と常にその周辺を清潔に保つことが必要です。

 

 

こまめな洗顔により、汚れや古い角質などをためこまないようにします。

 

 

毛穴に詰まった皮脂などは汚れを溶かして取り除くことも大切です。

洗顔での注意点としては、洗顔剤でも洗浄力があまりにも強すぎることで、本来の皮脂を摂りすぎてしまう場合も多いです。

 

そのため逆にニキビのもとになってしまう場合が多いです。

 
顎周辺は、洗い残しの多い部分です。洗顔剤をしっかりと洗い流し、清潔なタオルでふき取ることが大切です。

 
また、女性の場合ストレスを感じると男性ホルモンが女性ホルモンを攻撃することがあり、女性ホルモンの働きを鈍らせてしまうことがあります。

 

 

その結果として、肌がカサカサしたり、皮脂腺が活発になります。顎ンビキビができる要因にもなってしまうことが多いです。

 

 

 

ストレスはできるだけコントロールするように適度な運動などを心がけることがおすすめです

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed