ストレス119番!病気の原因やその解消法

育児のストレスについて

読了までの目安時間:約 4分

 

子育てはうまくいかないことも多いですイライラをためこんでばかりいるとストレスがたまってしまい、結果子どもにもよくありません。

子育てでのストレスを軽減するためには、自分の行動パターンをよく知ることが大切です。自分のことをよく理解し、客観的に自分を知ることが大切です。

yjimage9VZYSG6Y

はやめにストレス対策を立てることで育児のストレスから解放されてきます。

もしも、ストレス改善を怠ってしまった場合、ストレスは段階的に症状が悪化していくことが多いです。初期の段階では、肩こりや頭痛からはじまって、睡眠がとれない、食欲不振、意欲がわかない、胃がいたい、集中力に欠ける、イライラする、寝起きの気分がすぐれないなど、さまざまな症状があります。

子育てでもストレス進行期になってくると寝込むことが多くなります。家事もできずに夫や母親など手助けが必要となる場合もあります。病気になるまえのサインと考えてもよく、心身共に疲れ切っている状態です。病院へ行く1歩手前の段階でもあります。

子育て放置期というのがあります。この段階ではもはや育児を放棄している段かいで、病院の診断としても過食症や育児ノイローゼ、うつ病などを抱えこんでいます。悪化した場合には、子どもへの虐待につながってくる場合もあります。正常な感覚で子育てができてない場合です。

子育てにおいては、ストレス度でも初期段階と進行期はほとんどの方が経験していることでもあるかもしれないです。誰も代わりがいないので、どうしても倒れない程度に頑張ってしまうことが多いです。気がついてみると子どもにガミガミ口調になっているので気をつけなければいけません。

ストレスから育児ノイローゼにならないようにするには、ストレスに対しての解消法を知ることが大切です。もともと、ストレスがたまいやすい人と比較的たまりにくい人の差はあっても、基本的には「ものの考えかた」ということが鍵になってくる場合が多いです。

では、いったいストレスがたまりにくい性格というのはどのようなものでしょうか?ひとつめには、「あまり深刻に悩まいこと」ということがあります。「子どもはそういうもの」と承知しておくことで、あまりストレスはたまらないようになります。子どもの成長が早かったり、遅かったりは個人差があることで、育児のせいと思ってストレスをためこまないことです。

次に「完璧な母親にはならない」ということを日頃から考えておきます。また、「子育ては夫には理解してもらえない」ということを確認しておくと自分にも甘えなくてすみます。

子育て法を探し求める人たちも多いですが、もしかしたらどこにもそんなものはないかもしれないです。子どもはとりあえず、健康ですくすくと育っていけ

ばいいということがあります。そして「子育てを楽しんでやってみよう」と思うようになれると、子育てに対するストレスはもっと軽減できるかもしれません。

職場でのストレスと7つの特長

読了までの目安時間:約 4分

 

現代は働く人たちにもさまざまなストレスが多いことが知られています。

働く人たちはいったい何に強くストレスを感じているのでしょうか?

yjimage93WI5UGY

厚生労働省が調査したところによると、

仕事の質・仕事の量・仕事への適正・職場での人間関係・昇進・昇給・配置転換・雇用の安定性・会社の将来性・定年後の仕事・老後の問題・事故や災害その他についての回答がありました。

男女別で比べてみると、女性では職場の人間関係についてが飛びぬけて大きい割合となっています。

その点、男性が大きい割合を示しているのが、昇進・昇給・会社の将来性・定年後の仕事・老後の問題などが割合が高くなっています。

雇用形態別ではパートタイムの職場の人間関係についてが、最も大きな割合を示しています。

職場のストレスには原因となるものがたくさんあって、実はストレスを受けている本人自体、そのストレスの原因がわかってない場合が多いです。

仕事ストレスをためることで、イライラが多くなってストレスをためこんでいる場合が多いです。

職場のストレスはいくつかの複合的なケースが重なって起きている場合が多く、
足し算形式で増えていくというのではなく、掛け算形式で増えていくように感じてしまいます

重要なことはその中のひとつでも軽減させるために、集中して対策や対処方法を考えてみることです。

ストレスなどの悩みとしては、「仕事ができない」「ストレスでの悩み
などは、仕事ができない人の特徴などをよくつかんでおくことで解決の糸口を探します。

まず、仕事ができない人の特徴というのには「信じているもの」があります。

1. 仕事ができない人は上司の言うことだけをやれば評価がアップすると信じていることがあります。

2. 今は吸収している時期で「下積みである」と信じています。

3.徹夜や休日出勤して仕事すれば認めてもらえると思ってしまう

.ムダな仕事を優先してやってしまっている

5.給料も昇給も期待できないので、副業で稼ごうとする

6.仕事ができない人は資格を取ろうとする

7.仕事ができないほど適材適所を信じない

など、7つの特長があります。

仕事ができないことらの悩み、それがストレスにつながっていることが多いです。

職場ストレスの原因には、「仕事量の悩み」というのも多いです。

一日でできる仕事量には限界があるということを認識しておきましょう。

自分のレベルよりもはるかに上の仕事を求められる場合、かなりのストレスがかかってくることが考えられるからです。

よく、残業ができる人は「仕事ができる人」だと思われがちです。

そのため多くの企業が残業をやり続ける風潮が残っています

ストレスがたまりっぱなしでは、仕事もはかどらない感じです。

人間関係のストレスにおいては、仕事の悩みというよりは、職場での上司や同僚によっての原因も多いです。

会社を辞める理由としてもっとも多いケースです。

ストレスチェック20項目です

読了までの目安時間:約 4分

 

うつ状態や自分のストレス度をチェックする方法というのがあります。

 

過剰なストレスを受けているかいないかで、日常的にも張りのある生活ができているか、

いないかをチエックしてみることができます。

 

自分のストレス度を測ってみることで、ストレスから体調不良をもたらしているか、いないかがわかってしまいます。

 

yjimage(3)
このストレス度を自分でチエックしてみる方法というのは、アメリカの精神医学者のツングという人が開発したものです。「ツング自己評価式抑うつ尺度」をやってみることをおすすめします。
チエック方法というのは、とても簡単な質問に答えてわかるようになっています。

 

1~20までの質問に4つの回答を選んで答えてみます。

 
例えば1の質問が「気分が沈んで憂鬱だ」という質問に対して、4つの回答の中から(ない、たまに・ときどきある・しばしば・いつも)というように選びます。

 

質問では

気分が沈んで憂鬱だ
2朝方がいちばん気分がいい
3些細なことで泣いたり、泣きたくなる
4夜、よく眠れない、朝早く目がさめてしまう
食欲は普通にあって、食事も美味しい
6性欲は普通にある(異性と付き合ってみたい)
7最近やせてきた
8便秘している
ふだんより動悸がする(胸がドキドキする)
10なんとなく疲れやすい
11気持ちはさっぱりとして、さわやかである
12いつもと変わりなく仕事(身の回りのこと)ができる
13落ち着かず、じっとしていられない
14将来に希望(楽しみ)がある
15いつもよりイライラする
16迷わず物事を決めることができる
17自分は役にたつ人間だと思う
18今の生活は充実していると思う(今の生活に張りがある)
19自分が死んだ方がほかの人たちは楽に暮らせると思う
20今の生活に満足している

 

 

このチエック項目を自分でチェックしてみると、自分のうつ傾向がわかってきます。

 

点数で表示されますのでうつ状態なしから軽症うつ状態、中度以上のうつ状態とわけられます。

 

時期を変えて行ってみたら、同じ得点や高得点が出た人は注意が必要で、専門家に相談してみてください。

 

 

ストレスの注意点としてはストレスは自分でも気がつかないうちにため込んでいるものです

 

職場や家庭の問題など自分の性格的なものが関係する場合もあります。
そのため、自分がどの程度のストレスを受けているかを知ることによって、ココロの病気予防に役立ちます。

 

ストレスの診断方法には上記のようなものから、動画を見たりするチェック方法、ほかの質問に答える方法などさまざまあります。

ストレスってそもそも何なのさ

読了までの目安時間:約 3分

 

長期にわたり、ストレスを受けていることで、心身にはさまざまな変調をきたしてくる場合があります。結果として病気へと発症することも多いです。病気のうちの半分以上がストレスから発症してしまうことも多いそうです。その中でもうつ病はストレスから発症する代表的な病気のひとつです。

yjimage(8)
肉親との別れや交通事故などが原因で受ける強いショックや上司からのパワーハラスメント、学校でのいじめなどが慢性的なストレスとなって起きている場合が多いです。
直接的な原因としては、脳内の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの材料が不足することで起きていますほかにも不安障害や強迫性障害、適応障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などさまざまです
ストレスにかかわっている病気といえば、タバコやアルコールなどの依存症などストレス発散のための依存症になることが多いです。このような依存症についても脳内の神経伝達物質である、セロトニンの衰弱やドーパミンの影響によって起きていると考えられています。
そもそもストレスとはいったいどういう物なのかと考える場合、医学的には寒冷や外傷、病気、精神的緊張などが引き金になって起きる場合が多いものです。それは体内で起きる非特異的な防御反応のことで、外的な刺激に対してそれに順応しようとするための体内反応だということになります。
もともと人間は外部からの刺激に対して、常に一定の安定した状態を保つように調整されています。これをホメオスタシス(恒常性の維持)といいます。また、ホメオスタシスは時々乱れることがあって、外部から刺激を受けた場合などに多いです。この乱れたホメオスタシスをもとにもどそうとする力がストレスとしての反応だということです。
ストレスをどういいった場合に受けることが多いのかというと、天候や騒音、または対人関係などによってきます。刺激の原因はストレッサーと呼ばれ、外因的なものと内因的なものに分かれて考えます。
外因的なストレッサーは物理的刺激科学的刺激生物的要因として考えられています。物理的刺激としては、寒さや暑さやけどやけが、騒音や振動、海底作業、電気的なショックなどさまざまです。科学的刺激では、酸素の欠乏や薬物、そして有害物質の臭いなどがあります。生物的要因としては害虫や寄生虫など人体内で産出される毒素などです。
内因的な原因としては、心労的刺激身体的刺激などが多く、心労的な刺激には、主に対人的な関係、社会的な生活により生ずるひずみ、他人の言動などによる精神的な刺激などが多いです。または、怒り、焦り、不安、恐れ、憎しみや緊張などさまざまです。
身体的刺激としては、転勤や徹夜、深夜の勉強、不規則な食事内容など生体からのリズムの乱れなどが原因です。