ストレス髪が抜ける

ストレス119番!病気の原因やその解消法

ストレスで髪が抜ける?

読了までの目安時間:約 3分

 

ストレスは抜け毛を加速させてしまいます。

免疫力を低下させて万病のもとに なるともいわれます。

 

過剰なストレスは禁物で抜け毛を予防する必要がありま す。

過剰なストレスはなぜ抜け毛を増やしてしまう原因ともなるのでしょうか?

 

そ れは、ストレスを受けることで、血圧などをコントロールしている自律神経を 乱して血管を収縮させているからです。

血行不良が髪の毛の発育を止めてしま うことが原因となっています。

 

yjimage6OA4POVQ

 

毛母細胞へ十分な栄養がいきわたらないために 、毛が細くなったり、抜け毛の原因となることがあります。

 

血行不良が毛根への栄養補給を鈍らせてしまうことで、毛細胞の働きを阻害し てしまいます。

そのため、健康な髪は望めずすぐに抜けたり、コシの弱い髪ば かりが増えてきます。

 

 

ストレスを受け続けることで、自律神経はよく働かなくなって内臓の働きにも 影響が出てきてしまいます。

内臓の働きが悪くなると髪の材料のたんぱく質や ミネラルの合成がうまく働きません。

 

 

自律神経のバランスが悪くなってくると、男性ホルモンの分泌が高まってきま す。

 

そのため皮脂の分泌が過剰になってそのため抜け毛の原因ともなっている のです。

 

ストレスを継続的に受けることで、身体は常に緊張状態にあります

 

 

緊張が続 くことで頭皮は固くなり栄養が届かない状態になりかねません。

 

栄養が足りな くなると抜け毛や頭皮のトラブルにつながってしまうことも多いです。

睡眠状態としても副交感神経が正常に働かないためになかなか寝付かれないと いう状態になっています。

 

髪の毛は眠っている間に育成しますので、眠れない と薄毛を加速させることにつながります。

抜け毛を防止にするには、適度なストレス対策が必要になってきます。

 

 

ストレ ス対策としては「運動する」「心を動かす」「休むこと」「遊ぶこと」「ふれ あう」など、楽しいと思うことやリラックスすることが必要です。

 

基本的には 、深く考えすぎす、物ごとを前むきにとらえること心の力を抜いてみる必要 があります

胃腸の弱いのはストレスが原因?

読了までの目安時間:約 5分

 

ストレスは胃腸に影響します

 

さまざまなストレスを受けることで、自律神経が乱れてきます。

そのため、東洋医学では自律神経にかかわる「肝(かん)」の乱れが影響していると考えます。

 

yjimageT8ZCAK7I

 

自律神経は自分の意志に関係なく、呼吸や心拍、循環、消化などの機能をコントロールする神経です。

自律神経には「交感神経」「副交感神経」の両者が互いにバランスをとりながら働いています。

たとえば、交感神経が優位になりすぎることで、胃の働きは鈍くなって消化力も低下してしまいます。

そのため胃もたれが起きてしまいます。

 

 

 

また、副交感神経が優位になりすぎることで、胃酸の分泌が過剰になることで、胃粘膜を荒らしてしまいます。

 

現代に増えている過敏性腸症候群や胃の不快症状を伴う「機能性ディスペプシア」は、現代に急増している胃腸疾患で、検査では機能的な異常がみつからず、ストレスとの関係が指摘されています。

 

 

ストレスが胃腸に現れる人の割合として非常に多いといわれています。

 

症状としては胃がキリキリと痛むことや、むかむか感、胸やけ症状として現れることがあります。

 

症状は普通の胃腸炎といっしょでも検査で病気が発見されないことが多いです。

 

 

とくに食べ過ぎた記憶がない、お酒を飲み過ぎたり、外傷がない場合、神経性胃腸炎の確立が高くなっています。

それはストレスが原因で胃腸炎の症状が出ているためです。

 

 

神経性胃炎の場合、市販の薬でも治る場合はあります。

しかしいくら薬を飲んでみても治らない場合には胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなど他に別の病気がかくれている場合もあります。

 

 

 

ストレスから来る神経性胃腸炎の場合、その原因となるストレスを取り除く必要があります。

 

ストレスがたまることで、胃のぜん動運動が弱まったり胃液や粘液の分泌量に異変が起きる場合もあります。

胃もたれや膨満感、むかつき、胸やけなどの症状があります。

 

 

もともと胃は自律神経の影響を大きく受けています。

自律神経は内臓や血管、ホルモン、神経、免疫力などの働きをコントロールして体内の環境を整えています。

 

 

 

ストレス状態が続くことで、交感神経か副交感神経かのどちらかが過剰に働くことがあると、

その結果としては、胃にも大きなダメージが与えられてしまう場合があります。

 

 

おもなダメージは、ストレスで自律神経が必要以上に刺激されることで、交感神経が活発に動いて血圧や心拍数が上昇し、血行は促進され、皮膚や内臓器官への血管が収縮されます。

 

 

その結果胃のぜん動運動が鈍くなることで、胃液も減少して胃粘膜に血液がいきわたらず、粘膜そのものが弱くなります。

食べたものを消化できないばかりか、胃壁も荒れ、胃もたれや膨満感といった症状が出るようになってきます。

 

 

 

また、副交感神経が刺激を受けると、胃液の分泌は増加してしまいます

 

胃酸が出過ぎることで、胃壁は荒れて胸やけや胃痛に悩まされるようになります。

顎のニキビはストレスが原因?

読了までの目安時間:約 5分

 

顎にできるニキビはストレスが原因であるともいわれています。

 

顎ニキビは大人ニキビの典型的な症状があって、ホルモンバランスや仕事、日常生活のストレスからくることが多いです。

 
年代的には、思春期を過ぎた20~30代の社会人にできやすいニキビです。

 

顎周辺は比較的皮脂の分泌量が多く、ニキビのできやすい部位になっています。

 

yjimageAAV1GKLS
男性ホルモンが活発に動くことから皮脂分泌量がほかに比べて毛穴も詰まりやすくなっています。

 

 
もし、女性の顎にニキビができるとしたら、それはホルモンバランスの乱れが大きく影響していることになります

 

女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が活発化してしまうことで、顎周辺の皮脂量が増えるために毛穴がつまりやすくなって、顎ニキビとして現れてきます。

 

 
顎にできるニキビは鼻や額、頬にできるニキビと違い、普通のにきびよりも治りにくいケースが多いです。

 

一般的なニチビ治療では治らないことが多いです。

 

 

治りにくいニキビは酒さ性挫創(さかさせいざそう)といわれ、思春期後の女性に発症するニキビは酒さ性挫創(さかさせいざそう)であることが多いです。酒さ性挫創(さかさせいざそう)は、主に30代以降の中高年に見られる疾患のひとつです。

 

 

紫外線やアルコール、香辛料や毛包虫などが関係しているようです。

 

発症原因はわからないところが多いですが、その症状で軽症・中等・重症など段階があります。

 

 
顎周辺のニキビでは、男性ホルモンが深く関わっているといわれています

 

額から鼻先にかけたTゾーンと同じく、皮脂の分泌量がとても多いです。特徴としては治りにくい傾向があります。

 

 
大人になってからできた顎ニキビとしては、日常生活でもストレスからできたものが多いです。

 

女性の場合には生理によるホルモンバランスの乱れがあって、スキンケアとともにできるだけストレスをため込まないことが大切です。

 
精神面に気をつけたり、規則正しい生活を送るようにすることや、体質改善に努めることなどが重要です。

 
顎ニキビの予防や治療法としては、毛穴と常にその周辺を清潔に保つことが必要です。

 

 

こまめな洗顔により、汚れや古い角質などをためこまないようにします。

 

 

毛穴に詰まった皮脂などは汚れを溶かして取り除くことも大切です。

洗顔での注意点としては、洗顔剤でも洗浄力があまりにも強すぎることで、本来の皮脂を摂りすぎてしまう場合も多いです。

 

そのため逆にニキビのもとになってしまう場合が多いです。

 
顎周辺は、洗い残しの多い部分です。洗顔剤をしっかりと洗い流し、清潔なタオルでふき取ることが大切です。

 
また、女性の場合ストレスを感じると男性ホルモンが女性ホルモンを攻撃することがあり、女性ホルモンの働きを鈍らせてしまうことがあります。

 

 

その結果として、肌がカサカサしたり、皮脂腺が活発になります。顎ンビキビができる要因にもなってしまうことが多いです。

 

 

 

ストレスはできるだけコントロールするように適度な運動などを心がけることがおすすめです

ストレスで病気になる

読了までの目安時間:約 3分

 

人間はストレスから病気になることがあります

精神的にストレスがたまるとうつ病などの病気になることもあります。

yjimageHA7D7T4U

ストレスから病気につながってしまうというのは、ストレスのために免疫力が弱まってしまうということからです。

ストレスを受けることで、交感神経が緊張し、アドレナリンやノルアドレナリン、副腎皮質ホルモンなどで胸腺が縮んでしまい、免疫が抑制されてきます。

リンパ球の免疫を認識する力を指導する器官の胸腺はとても重要な役割があります。

リンパ球は腸管にかかわるNK細胞とT細胞にも関係しているのでストレスを感じたことでこの働きが抑制されてしまうのです。

免疫が低下して病気にかかりやすくなるのは、リンパ球が抑制されるからです。

ストレスから病気にならないためには、免疫力をアップさせることが重要です

バランスのよい食事を摂り、睡眠時間も十分に摂るようにします。

軽い運動などで身体を動かすこともストレス解消につながります。

ストレスによって生じる病気は身体だけではありません。

行動や精神的に出てくる病気もあって、治らない病気と悲観するよりも治療をするように心がけます。

精神的な病気は周りの人たちの理解も大切です。

また、周りに話すことで症状が軽くなってきますので、家族や友人、カウンセラーに話してみるのもいいでしょう。

ストレスがたまってくると身体的、精神的な症状が出てくる病気というよりも、行動に出てくる場合があります。

それは人それぞれに出てくるもので、全員こういった行動だとは限りません。

本人だけでは解決できないことも多く、周囲の人たちの協力が必要になってきます。

ストレスから病気になってしまう、過食症と拒食症は合わせて摂食障害と呼ばれています。

治療を必要とする病気で繰り返してしまう病気でもあります。

過食症は通常「大喰らい」というイメージがあって「神経性大食症」といいます。

大量に食べ物を食べることから、食べ始めると抑制が効かなくなる病気です。

短時間でたくさんものを詰め込むようにして食べるのが特徴です。

食べたあとには、罪悪感を感じることで嘔吐や下剤を使用する人もいます。

拒食症は「神経性食欲不振症」といいます。食事を拒否することでどんどんと痩せていくのが特徴です。

原因は肥満に対して恐怖感があるということからです。

ほかには、買い物依存症やゲーム依存症、テクノ依存症などもあります。

自律神経失調症になってしまった

読了までの目安時間:約 4分

 

自律神経は全身の器官をコントロールします

 

自律神経のバランスが崩れることで、全身の機能に支障が現れることがあります。

 

その症状もさまざまで、最近は内科や整形外科などで悪いところがわからずに、

神経科や心療内科などの専門医を紹介してくれるケースも多くなっています。

 

yjimageQNVGGJA6

 

自律神経失調症の原因は人それぞれ違う場合も多いです。

自律神経のバランスが乱れる原因としても、いろいろな原因が複雑に絡み合っている場合が多いです。

 

最近は社会的にもストレスが多い時代であるといわれています。

 

仕事による社会的ストレスや人間関係、精神的ストレス、環境の変化、

過剰なストレスが蓄積することで自律神経失調症になりやすいです。

 

また、ストレスといってもうまれつき自律神経が過敏な人もいて、子どもの頃から吐きやすい体質だったり、

下痢しやすい、自家中毒、環境が変わると眠れない、身体が弱っているときに自律神経が乱れやすい場合もあります。

 

 

性格的にもストレスに弱い性格という人も、自律神経失調症におちいりやすいです

 

「ノーといえない」「感情処理が下手」「気持ちの切り替えができない」「人の評価を気にしすぎ」「人と信頼関係を結ぶことが苦手」「依存心が強い」「ストレスへの抵抗力が弱い傾向」などは注意が必要です。

 

 

また、生活のリズムの乱れからも自律神経失調症を引き起こす場合があります。

 

人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイルが原因にもなっています。

 

夜更かしや夜型人間、夜間勤務、子どもの頃からの不規則な生活が原因です。
自律神経失調症には、4つのタイプがあります。

 

一つ目には、「本態性自律神経失調症」といって子どもの頃からもともと持っている体質に原因がある場合です。

体力に自信がなく虚弱体質や低血圧の人に多くみられます。

 

2つめには「神経症型自律神経失調症」で、心理的な影響が強いタイプです。

精神状態に左右されやすいタイプです。感情の移り替わりが身体に症状として現れます。

 

 

3つめには、 「心身症型自律神経失調症」は、心と体の両面に症状が現れます。

自律神経失調症の中でももっとも多いタイプです。

 

几帳面でまじめな性格な人がなりやすいです。

 

4つめには、 「抑うつ型自律神経失調症」で、心身症型自律神経失調症の症状が進行することでこのタイプにあんります。

 

やる気がない、気分がどんよりと沈んでいるなど、うつ的な症状が見られます。

 

几帳面、完全主義の人に多いタイプです。